その他のお酒について

ウイスキー
穀類(大麦、とうもろこし)を糖化してアルコール発酵させたものを蒸留機で蒸留し、樽熟成させた琥珀色の酒のこと。世界の五大ウイスキーの産地はスコットランド、アイルランド、アメリカ、カナダ、日本である。
モルトウイスキー
原料はモルト(大麦麦芽)のみを使用。麦芽をピート(泥炭)の煙で燻して香り付けしたものに水と酵母を加えて発酵させ、ポットスチル(単式蒸留機)で2回蒸留したものをオーク樽で貯蔵熟成させて造られる。単一の蒸留所で蒸留されたものはシングルモルトとよばれる。
グレーンウイスキー
原料はモルトとコーンやライ麦などの穀類を使用。コーンやライ麦などの穀類を煮沸したものに麦芽を加えて糖化し、酵母を加えて発酵させたものをパテントスチル(連続式蒸留機)で蒸留したものを樽などで貯蔵熟成して造られる。クセが少ない。
ブレンデッドウイスキー
モルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドしたもの。
スコッチウイスキー
英国スコットランドのウイスキー。スコッチモルトウイスキーはピート香と樽香の強い個性的なものが多い。
アイリッシュウイスキー
アイルランドのウイスキー。ピートを使用しないためまろやかな味わい。
アメリカンウイスキー
アメリカのウイスキー。内側を焦がしたオーク樽で貯蔵熟成させた強い香りが特徴のバーボンウイスキーが代表。
カナディアンウイスキー
カナダのウイスキー。軽い味わいが特徴。
ジャパニーズウイスキー
日本のウイスキー。ピート香の少ないマイルドな味わい。
ブランデー
ぶどうなどの果実を原料にして醸造した白ワインを蒸留器で蒸留し、オーク樽で貯蔵熟成させたもの。ぶどうを原料としたブランデーの代表的なものとしてフランスのコニャックやアルマニャック、ワインの搾り粕を蒸留したフランスのマールやイタリアのグラッパなどがあります。
また、ぶどう以外の果実を原料としたものにはフランスのカルバドス(りんごのブランデー)、ドイツのキルシュワッサー(さくらんぼのブランデー)などがあります。
フランスの特定産地で造られたコニャックとアルマニャックには樽熟成の年数を表すVSOP、NAPOLEON、XOなどの符号が表示されます。
ジン
オランダで解熱などに効く薬酒として造られたのが始まり。とうもろこし、大麦、ライ麦などの穀物を麦芽で糖化し発酵させたものを杜松(ねず)の実、薬草、香草などで香りをつけながら蒸留機で蒸留したもの。オランダの「ジェネヴァ」やイギリスの「ドライジン」が有名。
ウォッカ
トウモロコシや大麦、小麦、ライ麦などの穀物やジャガイモを原料とし、糖化、発酵した後、連続蒸留機で蒸留したものを白樺の炭でろ過して造られるロシアを代表する無色透明で癖のない酒。カクテルベースとして多く用いられます。
ラム
砂糖を造る際にできるサトウキビに含まれる糖蜜を原料とする西インド諸島発祥の蒸留酒。
連続式蒸留機で蒸留した軽快なタイプのライトラム、単式蒸留機で蒸留した重厚なタイプのヘビーラム、中間タイプのミディアムラムの3タイプがある。
テキーラ
竜舌蘭の葉を切り落したパイナップルの形に似た茎の部分が原料のメキシコの蒸留酒。特定の地域で栽培されたアガベ・アスール・テキラーナという竜舌蘭の品種を51%以上使い、テキーラ地方付近で蒸留(最低2回蒸留)されたものなどの基準を満たしたものがテキーラと呼ばれる。
リキュール
醸造酒や蒸留酒に果実や香草、薬草、種子、糖類などを加えたり浸漬させたりすることで風味付けした酒。
香草、薬草で造られるカンパリやシャルトリューズ、アンズの核で造られるアマレット、日本の梅酒など様々なリキュールがあります。

▲ページ上部へ 

美味しく飲めるお酒の知識・用語集

ほろよい通りの歌(mp3)

ツイッター

 

 

リンク